肥満症の原因

肥満症といってもその原因には様々なものが考えられるわけで、過食や運動不足、または遺伝によるものである場合もあるわけなのです。一般的に考えられる原因としては、過食と運動不足がセットになってのもので、食べすぎと言われるくらいに大量に食べているにも関わらず、運動不足であるために食べたものがエネルギーとして消費されることなく、体内に溜まってしまうために、それが肥満症を引き起こしてしまうというものです。

これはしごく当然のことで、食物というものはエネルギーとして消費されるためのものですから、それが消費されることなくそのまま体内に残ってしまえば、いわば未消化のエネルギーが体内に溜まってしまうことになるために、不健康な形で身体が膨張してしまう、といったことになってしまうわけなのです。

あるいは、摂食異常という偏った偏食をしていれば、栄養のバランスが崩れることになってしまいますから、これもまた、肥満症を作り出す原因となってしまうわけです。さらには、遺伝的に肥満体質の家系であるような場合には、元々が肥満になりやすい体質であるために、意識的に心掛けていなければ、そうなってしまいやすいことになってしまうのです。

いずれにせよ、肥満というのは健康的とは言えない体型ですから、そうなることを避けるためには、その原因となっているものをよく知って、肥満症に陥ってしまわないようにするという意識を持って、その原因となるものを取り除いて行くように心掛ける必要があることになります。

特に、肉類や乳製品といったものを好んで摂りたがる傾向が強い人は、動物性たんぱく質が過多である体質になりやすく、それが肥満症につながってしまうために、意識して野菜や果物を食べるようにする、という食習慣を身に付ける必要があるでしょう。

肉類ばかりを食べて、野菜は全くといっていいほど食べないというような人がいますが、こういう食習慣である人は肥満症になりやすいだけではなく、糖尿病になりやすい人でもあるので、特に注意が必要であると言えます。